家族葬で決めること

家族葬にするのであれば、まず最初に決めるべきことがあります。それを知っておかないと、準備がもたつくこともあるので、最初にすべきことをしっかりと理解しておきましょう。

家族葬をすると決まったのであれば、まず遺族が最初に行っておくべきことがあります。それが、お葬式に参列する人を決めるということです。家族葬の場合は参列してもらう人を決めるのは遺族で、それ以外の人はお葬式の参列を辞退してもらうことになります。辞退をお願いする際には、連絡をしなければならないので、お葬式をするとなったら参列をしてもらう人を速やかに決めなければいけません。

実際、家族葬に誰を呼ぶのか悩んでしまうということもあるでしょう。呼ぶ人は家族だけに絞る必要はありません。家族や親戚はもちろんですが、故人と生前非常に親しくしていた人などがいる場合には、そういった人も呼ぶようにしましょう。誰を呼ぶか悩んだ時には、誰を呼んだら故人が喜ぶのかということを意識して決めていくと良いでしょう。

参列してもらう人を決めるのは、家族葬を進めていく上で非常に重要なことです。喪主が誰を呼ぶのか悩んでしまうということがあった場合には、親族などに相談などもしつつ、明確にしていきましょう。