家族葬当日までの安置

自分の親族が亡くなったら、決めなければいけないことがご遺体の安置場所です。どこに安置すれば良いのか、家族葬の時のパターンについても紹介します。

家族葬をするという人の中には、近隣に住んでいる方々に家族が亡くなったことを知られたくないと思っているケースも少なくありません。そのようなケースの場合は、故人のご遺体を安置施設に安置するという方法をとることによって、自宅に葬儀会社が出入りするということがなくなるので、周りの人たちに家族が亡くなったことがバレるということもありません。

家族葬を選択した人の中にも、自宅にご遺体を安置したいけれど、周辺の方々に知られたくないというパターンがあります。そのような場合は、深夜や早朝などにご遺体を運んでもらうことによって、周辺の方々にバレないような配慮をしてもらうということもできます。事前にそのような希望がある場合は、葬儀会社に伝えて、対応することが可能かどうか確認するようにしておきましょう。

家族葬をする場合には、要望を伝えれば対応してもらえることもいくつかあるので、ご遺体の安置に関しても要望がある場合はしっかりと事前に伝えて、配慮をしてもらうようにしておけば、安心して準備が進められます。